僕らが同棲を考えたきっかけと踏み切った理由

にほんブログ村 恋愛ブログ 仲良しカップルへ
にほんブログ村


人気ブログランキング

 

みなさんこんにちは!

hikimakiです!

 

僕らは今同棲3年目です。

付き合ってから9か月ぐらいで同棲を始めました。

 

付き合ってから1年未満で同棲を始めたというと「早くない?」という意見を聞くこともあります。

そこで今回は僕らが同棲を考えた理由と実際に踏み切った理由についてお話ししていきます。

 

同棲を考えたきっかけ

 

僕らが付き合い始めたころはお互いの家まで電車で50分から1時間ぐらいのところへ住んでいました。

お互いの家で遊ぶみたいなことはほとんどなく、大体お互いの家の中間地点で集合し遊ぶことが多かったです。

ショッピングモールへ行ったり、自然があるところを散歩したりすることが多かったかなと思います。

午前中から会って夕方まで、遅いと終電まで一緒にいました。

別々の家に住んでいると集合場所へお互い向かいそこで会える喜びも大きいし、始めのうちは会えるだけで嬉しいので帰るときも幸せな気持ちに包まれたまま別れていたと思います。

 

でもだんだん帰るときにすごく寂しさを感じるようになりました。

お互い仕事をしていると次に会えるのがまた一週間後の週末ということも多いと思います。

そうなるとやっぱり余計離れにくくなるんですよね…

そこでhikiの一言が同棲をすることになるきっかけになったんだと思います。

 

「一緒に家を出発して、同じ家に帰るのって憧れるよね。」

 

この発言があってから、お互い同棲を意識し始めました。

 

実際に同棲をするまでの経緯

 

同棲はしたいと言っても簡単に出来るものではありませんよね。

引っ越しするのにお金も時間も労力もかかりますし、両親に相談をしてからということも必要かもしれません。

そもそも家を借りるのに保証人が必要になることも多いかと思いうので、やっぱり両親の許可は取らないといけないかもしれませんね。

 

なのでhikimikaもすぐに同棲を始められたわけではありません。

ですが一度同棲を意識し始めるとやっぱり一緒に住みたい気持ちがどんどん募っていきます。

 

そして気づくとお互いの家の更新時期も近づいていました。

というわけでそのタイミングで同棲するとしたらどんな家があるのかを知るために家探しをしてみました。

 

まずはネットで探してみます。

お互いの勤務地を考慮してエリアや路線を決め、色々検索してみました。

すると意外とたくさん出てきます。

なのでトイレとお風呂は分かれていた方がいいとか駅から何分以内がいいとか、希望条件をさらに絞って探してみましたがそれでも何件か候補が出てきます。

また僕がバイクに乗るためバイク置き場があるところも条件に入れましたがそれでもやはり何件か候補が残りました。

気になる物件はいくつかスクショをとり、分かるようにしておきます。

 

そして実際に何件か不動産会社へ足を運んでみることにしました。

その中ですでに気になる物件があると伝えると、そこで扱っている物件であればすぐに内覧へ連れてってもらうこともできました。

ですが意外と実際に内覧してみると思っていたのと違うということも結構あります笑

写真では綺麗に見えたけど実は汚れが多かったり、写真で見たよりも部屋がかなり狭かったり…

なので物件を探す際には面倒でも内覧は絶対にした方がいいなと思いましたね!

 

そして物件を探す中でお互いが気に入る物件を探すことが出来たので、同棲をすることになりました!

 

まとめ

 

以上がhikimikaが同棲をするきっかけになったことと同棲をするまでの道のりでした。

たぶんお互いが長く付き合っていけると思っていたこともあるから、付き合ってから1年経たないうちに同棲に踏み切ることが出来たのかなと思います。

また今思うとお互いが住んでいる家の更新が近付いていたというのは同棲に踏み切る大きなきっかけでしたね。

 

同棲はやっぱりいいものだと感じています。

きっかけになった一言

「一緒に家を出発して、同じ家に帰るのって憧れるよね。」

これに関しても、実際そういう生活を送ってみて、やっぱりいいものだと実感しています。

 

好きな人と一緒にご飯を食べて、一緒に寝て、一緒に出掛ける。

とても幸せだなと思います。

 

同棲するとなると自分たちだけの問題ではなくなるかもしれませんがhikimika(特にhiki)の意見としては、

結婚を考えているのであれば付き合った期間関係なく同棲を始めていいんじゃないかなと思います!

 

というわけで、今同棲を考えている方の参考になる部分が少しでもあったら嬉しいです!

Follow me!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です