きゅうりとレモン水で、むくみとおさらばしました

2020年、夏がやってきましたね!

今年はコロナで外出自粛が続き、気がついたら体重が増えていました💦

私は太りやすく痩せにくい体質で、体のむくみも気になっていました。

すこしでも早くからだに変化を感じてダイエットのモチベーションを上げたかったので、

まずは、むくみをとることを1番に意識してみました。

その結果、ダイエットをしても結果が出にくい私が、約1カ月で3キロ落とすことが出来ました。

 

 

むくみ改善のためにやったこと

むくみをとるために効果があるものを調べたら、カリウムという成分がむくみに効果があることを知りました。

次にカリウムを多く含む食材を調べたら、代表的なものは「キュウリ」や「バナナ」でした。

キュウリを晩御飯で1本食べる

キュウリはほとんど水分で、1本およそ100gを食べてもカロリーはたったの14㎉。

しかもスーパーで安く手に入るため、続けやすく、毎日食べています。

夜ごはんの時は、まず、キュウリを野菜スティックで食べたり、サラダに入れて食べるようにしています。

なんでも摂りすぎは良くないと思うので、私は1日1本を目安に食べています。

レモン水を寝る前に飲む

私は最近、便秘にも悩まされていて、便秘改善の方法を調べた時に、「レモン水」がいいと出てきたので、

試してみたのですが、私の場合は便秘には効きませんでしたが、むくみには効果があるかなと感じたので、

「レモン水」もオススメに挙げたいと思いました。

私が調べた内容だと、水およそ300mlにレモン果汁(ポッカレモンなどで代用可)を、自分が酸っぱいと感じるくらい入れて飲むとデトックス効果で、お腹がスッキリするとのことでした。

人によっては、お腹がかなりゆるくなったり、胃腸が荒れる可能性があるため、配分は自分で何回かやってみて調整する必要があるかもしれません。

私の場合は、レモン果汁をたくさん入れても、胃が荒れたりはしなかったので、

いつも酸っぱいと思うまでレモン果汁を入れて寝る前に飲むようにしています。

体に現れた変化

キュウリ

キュウリは1日1本を目安に摂取していますが、食べない翌日と食べた翌日では、体重に差が現れていることに気づきました。

キュウリを2本食べる日もあるのですが、翌日の朝に体重を図ると、-1㎏程度、体重が落ちていたことがありました。

これはダイエットを始めたばかりで、むくみが溜まっている時だったので、そのぐらい落ちたのかもしれません。

私はむくみを強く感じていたらキュウリを2本、食べるようにしています。

キュウリを意識的に食べるようになってから、トイレの回数も増えたように思いますし、いかに自分がむくみが溜まりやすい体質であったのかを気づかされました。

また、調べたところ、キュウリに含まれる「ホスホリパーゼ」という成分には、体内の脂肪を分解する効果もあるそうです。

レモン水

レモン水は前述の通り、人によっては合わない方もいらっしゃるかもしれません。

私の場合は、胃が荒れることはありませんでしたが、お腹がスッキリすることもなく、期待していた便秘改善には至りませんでした。

しかし、何日か続けていたら、顔の毛穴が薄くなった感じや、肌に透明感が出て明るさが出てきた感じがしました。

また、レモン水のデトックス効果なのかは分かりませんが、顔のむくみがとれてきて、以前より輪郭がスッキリしてきたように感じています。

これは、私にとって、かなり嬉しい効果でした。

まとめ

今回、私がむくみ改善のために行ったこと

・毎日、夜ごはんの前にキュウリを1本食べる(むくみがひどいと感じた時は2本)

・レモン水を就寝前に飲む

自分の経験上、体質的に運動や筋トレをしていても、すぐに効果を感じることがなかったのですが、

まず、むくみをとることから始め、余計な水分を排出したおかげで、すぐに数字にも変化が出て、

ダイエットのモチベーションをあげることが出来ました。

レモン水もキュウリも、近くのスーパーなどで手に入るし、なにより続けやすいので、

むくみが気になる方は、是非一度やってみてください(^▽^)/


 

Follow me!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です