契約書をちゃんと確認せず、更新トラブルが起こってしまった話



皆さん、こんにちは!

今回は、私達が実際に体験した不動産トラブルについて書いていこうと思います。

トラブルといっても、そこまで大げさな内容ではなく、私達が契約時にしっかり確認しておけば、このような問題は起きなかったことです。

今回の話は、これから同棲を考えている方や、一人暮らしをされる方へ少しでも参考になったらという思いで書かせて頂きます。

ある日、届いた賃貸更新の案内

私達が住んでいるマンションは、2年更新です。更新日の約2ヶ月ほど前に管理会社から契約者へ連絡が入りました。

「近々、更新の案内をお送りしますので、ご確認頂き不明点あればお問い合わせください」

とのことでした。

その時、私は、この部屋を内見した時に更新料なしと案内をされていたのを覚えていて、更新料なしと書かれた当時の不動産のHPをスクショして保存をしていたので、更新に関して費用が発生しないと思い込んでいました・・・。

そして、hikiから更新の案内が届いたと言われ、「更新〇〇万円かかるみたいだから、よろしくね」と言われました。

私の頭の中は一瞬「!!??????」となりました。

それって、ほぼ家賃1ヶ月分じゃん!?更新料なしじゃなかったの?と思い、案内を確認すると、

「更新事務手数料〇〇万円」との記述がありました。

更新事務手数料って!?というか、そんな料金が発生するなんて案内を受けた記憶がない💦

私はすぐに、契約書と更新事務手数料とは何かを調べました。

更新料と更新事務手数料の違い

物件を借りるときには必ず「期間」を定めて契約します。マンションやアパートなどは2年間であることが多いのですが、もしその2年間を超えて物件を借りたいと思った場合は、「新たに契約を結び、2年間賃貸する」ということになります。このように新たな契約を結ぶことを「更新」といい、これに伴う手続きに必要な費用を「更新料」といいます。その更新料は貸主(大家さん)に支払います。

先にご説明した更新料とは別に、「更新事務手数料」あるいは「事務手数料」が発生する場合もあります。これは、「更新手続きのために発生した事務に対する手数料」であり、更新料とは別のものです。これを受け取るのは事務を行った不動産会社ということになります。

引用元:住まいのお役立ち情報

契約書と重要事項説明書を確認する

調べて分かったのは、あらかじめ案内されていた更新料不要というのは、大家さんに支払う礼金のようなもので、それはかからないということだが、今回、請求された更新事務手数料は、更新にあたって発生する事務作業に対する礼金のようなものだということです。

私達は「更新事務手数料:家賃0.5か月分+サポート料金」というものを請求されました。

ただ、私達2人とも更新事務手数料の案内を受けた覚えがありませんでした。

そこで、契約書を確認してみると、なんと契約書には「更新時、家賃1ヶ月分を支払う必要がある」との記載が・・・。

これはちゃんと確認しておかないといけないと思い、管理会社へ問い合わせをすることにしました。

管理会社に問い合わせ

まず、管理会社に電話で問い合わせをしたところ、担当者の方から、契約書の内容は不備であるという風に確認してもらえました。

更新事務手数料について案内を受けた覚えがないことを伝えたところ、「契約者に再三、案内している」と語気強めに言われてしまいました。

ただ、持っている契約書や書類には、事務手数料についての記載がないので、私はモヤモヤして仕方がありませんでした。

その時、契約書しか手元になかったので、重要事項説明書に書いてあるか質問したところ、

「そうですね。そちらを確認してください」と言われたため、改めて契約者のhikiに確認すると、探したけどないということでした。

紛失か、そもそも、もらったのかも分からないような状況だったので、ますます不安になった私は、直接、管理会社まで足を運ぶことにしました。

私が管理会社へ寄った時に、担当者の方が不在だったため、店長さんが対応してくださいました。

重要事項説明書の控えを契約者が持ってないため、控えがほしいとお願いしたところ、「契約書があれば、問題ないですよ。」と一度やんわり断られましたが、今回の事の経緯を話し、一部分だけ控えをコピーしてもらえました。

ただ、重要事項説明書の内容は契約書と同様で「更新時、家賃1ヶ月分」の記述があり、訂正されていませんでした。

そこで、店長が担当者の方と電話で今回の更新について確認をしてくれたところ、

「更新事務手数料がかかることは口頭のみの案内です」と言われました。

契約書と重要事項説明書の内容は不備であることは認めて頂いたのですが、口頭のみの案内と言われても

2人とも覚えがないので、本当に説明してくれたのか、とても不安になりました。

しかし、そのことを話しても、担当者の方と同じように店長さんも「契約書通りということなら、家賃1ヶ月分払ってもらいますよ」と言われるのです。

そして、「うちは通常、更新料を家賃1ヶ月分とりますが、担当者の計らいで、更新事務手数料という名目で家賃0.5ヶ月分にしているんです。なので、更新料=更新事務手数料と思ってください」と店長さんから言われ、私としては、違和感をさらに感じる説明でした。

個人的に、担当者の電話対応も、店長の方の対応も、強気な態度に見えました。

そもそも、今回届いた案内も、支払期日を過ぎて届いており、問い合わせしたところ、支払期日に不備があると言われたりしていて、

こんなに不備があるのに、なぜ2年前の口頭案内に関しては絶対に案内した。と言い切ることが出来るのか、

私のモヤモヤはつのっていくばかりでした。

誰かに聞いてもらいたくて、無料相談

この話をhikiに話したところ、面倒だし時間の無駄だから、これ以上は取り合わなくていいのではないかという流れになったのですが、

私は、どうしてもモヤモヤが残っていてもどかしかったので、消費者センターに問い合わせをしてみようと思いました。

後日、消費者センターに相談してみたところ、それだったら、「宅建協会」に電話してみなさいと言われました。

宅建協会の営業日と営業時間を教えてもらい、すぐに宅建協会に電話をしてみました。

今回の件について相談したところ、同情はするが、契約書にサインをしてしまった以上は、どうにもできないと言われました。

ただ、アドバイスとして、どうしても事務手数料に納得いかないのあれば、法定更新という手もあるよと言われました。

法定更新とは、契約内容に合意できない場合、契約書をスルーし、そのまま、そこに住み続けるという方法です。

なんと、家賃の支払いさえ遅れなければ、特に問題はないそうです。

ただ、それをしてしまうと大家さんとの折り合いが悪くなってしまうよと言われました。

また、契約書を確認すると「法定更新をした場合も、家賃1ヶ月分支払をする義務がある」と記載があったため、私達の場合は法定更新を選択することは出来ませんでした。

そのほか、アドバイスが出来るなら、事務手数料なんてせいぜい5,000円~1万円程度なんだから、

家賃0.5カ月分は高いと思うと、値下げ交渉をしてみてはどうかという内容でした。

実は、前回、問い合わせした際に、担当者から事務手数料0.5か月分は相場で、全然高くないし、むしろ安いですと言われたのですが、思い切って再度、値下げ交渉をしてみることにしました。

宅建協会に相談したことを伝えてみた

私は再度、管理会社へ連絡をしてみました。

「更新料なしと思っていたため、準備ができていない」

「家賃も払わないといけないので、金額に負担を感じる」という理由を述べ、

思い切って、値下げ交渉に挑んでみました。

しかし、担当者から出たのは「値下げは出来ないけれども、期日までがむずかしいのであれば、期日を伸ばしますよ」という提案でした。

私は素直に「でも、事務手数料に関しての案内があったかどうかは、実際、不明確じゃないですか?」と伝えてみました。

そして、「宅建協会の方に相談したら、事務手数料はせいぜい1万円程度だと言われました」と伝えると、

担当者が突然、慌てたように、「じゃあ、今回は双方、行き違いがあったようなので、家賃0.25か月分でどうですか?」と言ってもらえました。「ただし、次回更新からは家賃0.5ヶ月分ですよ」という言葉も添えられて。

今回のトラブルで私が思ったこと

実際、管理会社もそんなに不当な金額を請求しているわけではありません。

事務手数料の相場で検索をすると、地域によりますが、大体、家賃0.25ヶ月分~家賃0.5ヶ月分のようです。

そもそも、更新料の中に事務手数料が含まれているケースも多いようです。

ただ、今回、私がどうしても納得できなかったのは、管理会社の対応でした。

こんな「言った言わない」の論争になるのは目に見えているはずなのに、会社側が、そのような対策をとっておらず、

2年前のことなんて、明確に記憶に残っていることは難しいはずなのに、「こっちは絶対に案内した」と譲らなかったことです。

値下げ交渉を了承した後にも、担当者の方は、「そちらに渡した重要事項説明書の控えは訂正してあるはずですけどね~」と言ってきました。

でも、不動産会社においてあった控えも訂正してなかったのに、正直、言い訳がましいと思ってしまいました。

私達も2年前のことだから、忘れているだけなのかもしれないけれど、管理会社にも証拠となるものがなく、契約書も不備のままということであれば不信感が出てきてもしょうがないと思っています。

もし、会社側が最初に「口頭案内のみで済ませてしまったようで申し訳ない」などと、こちらの気持ちに寄り添ってくれた対応をして頂いていたら、私もこんなにやっかむようなことはしなかったかも・・・と思ったりもしました。

色々思ったことを書いてしまいましたが、もちろん、会社側がすべて悪いわけではありません。

ちゃんと契約書を確認してから、サインをすること。

これは、本当に大事なことだと学びました。

まとめ

賃貸契約の際に必ずやっておくこと

1.契約書と重要事項説明書の内容を確認する

2.不明点があれば、すぐに問い合わせし、記録を残す

3.不動産会社の対応で、何か疑問があれば、無料相談の宅建協会に電話してみる

基本的なことですが、私達はこんな基本的なことを怠ったおかげで、管理会社との行き違いが発生してしまいました。

今後、引っ越しを考えている方は、入居時のことだけでなく、更新のことも頭に置いて、

契約書にちゃんと目を通してからサインをして、快適な賃貸生活を送って頂けたらと思います。

そして、不動産会社との間で、何か疑問を感じてしまった場合は、お住まいの地域の宅建協会へお問い合わせをしてみてください。

現在は、コロナの影響で窓口対応は実施しておらず、電話相談のみとなっているようですが、よいアドバイスを頂けると思います。

それでは、最後までお読み頂き、ありがとうございました。

Follow me!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です